スチールストーリージャパンホットニュース

 

   
hotnews

2019-01-18
19年1 月21日情報 NEW
2018-05-21
特集1 中国の鉄鋼過剰生産と鉄スクラップ需給(18年5月)  
2018-05-21
特集2 改正廃棄物処理法と届出除外対象について(18年5月)  
2018-05-21
特集3 中国の輸入廃品検査と新基準及び現代製鉄の検収強化(18年5月)  
2018-05-21
特集4 改正バーゼル法と雑品ヤード規制、日本鉱業協会の動き(18年5月)  
2017-06-21
雑品ヤード規制(バーゼル条約)と廃棄物処理法改正について  
2017-05-28
雑品を「有害使用済機器」とし廃棄物処理法で規制-その解説(1)  
2017-05-28
雑品を「有害使用済機器」とし廃棄物処理法で規制-その解説(2)  
2017-05-28
雑品を「有害使用済機器」とし廃棄物処理法で規制-その解説(3)  

社史作成

英文翻訳

鉄スクラップ総事典

鉄スクラップ史集成

スクラップ業者現代史

スクラップ業者列伝

 

19年1 月21日情報

■市况概説=世界的に陥没相場 トルコは景気失速、日本は円高も逆風。先行きは不透明。

 

■関西鉄源、1月輸出・H2・FAS28,710円で成約(118日)=関西鉄源連合会は18日、第81回共同輸出入札を行いアラエ商会がH2・FAS28,710円(5,000㌧)で成約した。前回(1218日)落札価格は229,400円と28,610円だったから、前回の安値を若干上回る形で成立した。3番札までが28,000円台。78件、31,000㌧だった。積み期は19325日~425日まで。

 

■米国・コンポジット価格は298.33㌦へ続落。前週比31.00㌦安(115日)=114日付け東部3都市・コンポジット価格(HMS1)は298.33㌦で前週比31.00㌦安。ここ2週間で36.84㌦安となった。シカゴは先々週の22.50㌦安に続いて30.00㌦とさらに大きく下げた。ピッツバーグ310.00㌦(先週比33.00㌦安)、シカゴ295.00㌦(同30.00㌦安)、東部の港湾都市フィラデルフィア290.00㌦(同30.00㌦安)。

 

■韓国筋、直近1ヶ月でディープ・シー・カーゴ(外洋船・バルク玉)9隻を成約(116日)=テックスレポートによると韓国筋は直近1ヶ月でディープ・シー・カーゴを9隻成約した。内訳は現代製鉄4隻、東国製鋼2隻、セアベ・スチール、韓国鉄鋼、丸永鉄鋼工業各1隻である。うち現代製鉄の直近契約(2隻=40,000㌧、45,000㌧)はNO1HMSベース302CFR。1ヶ月前の同社の成約価格が325㌦だから、20㌦以上も下落した勘定だ。日本・韓国間のフレート、NO1HMSとH2の検収格差など40㌦。1108円として、302㌦CFRならH2・FOB換算で28,300円相当となる。

 

■関東鉄源、輸出・入札H2・FAS28,775円で成約、前月比703円安(111日)=関東鉄源協組は111日共同輸出入札を行いH2・FAS平均28,775円で3件20,000㌧成約した。前回(29,478円)比703円安、177月(28,035円)以来16ヶ月ぶりの安値。落札は上位から28,820円(5,000㌧)、28,800円(同)、28,740円(10,000㌧社)の3社。応札は131590,000㌧であった。上位8社が28,000円以上だった。http://www.kantotetsugen.com/index.html

 

■関東湾岸相場、年始からよこばい。H228,000円台(115 日)=関東湾岸相場は、合同船橋の製鋼休止や東京製鉄の年始500円下げを受け、おおむね年末比500円安で始まった。足元の湾岸H2相場は28,00028,500円(前週比よこばい)、HS34,00035,500円(同)。新断バラ34,50035,000円(同)。

 

■現代製鉄、個別商談でH229,000FOBの指値、直近から500円安い(1月15日)=テックスレポートによれば、現代製鉄は111日までに個別商談でH229,000FOBで指値した。新断バラは37,000円FOB。いずれも直近商談から500円の下値。輸出商談も一段安で始まった。

 

■東京製鉄、年始下げスタート。1月8日から全工場・拠点で500円下げ(17日)=東京製鉄は181031日以降、購入価格引き下げが続いている。今年に入っても8日から全工場・拠点で500円下げた。8日以降の特級価格は、宇都宮31,000円(181030日価格は37,500円)、田原30,000円(同38,000円)、岡山27,500円(同38,500円)、九州30,500円(同39,000円)、高松26,000円(同38,000円)となった。http://www.tokyosteel.co.jp/kb/

 

■合同製鉄・船橋、トランス故障で製鋼休止(18/12/27・産業新聞)=合同製鉄は1222日、船橋工場のトランスが故障し、製鋼を休止した(この結果、月間4万㌧の地元受け皿が消えた勘定となった)。191月末には予備のトランスによる復旧を完了し、製鋼工場の運転再開を予定という。

 

■ベトナム向け鉄スクラップ商談、円高が逆風(115日)=扱い筋によればベトナム商談はH2290300㌦CFRの攻防。ベトナムまでのフレート40㌦、1108円相場とすれば、27,00028,000円FOB相当となる。直近の韓国向け(H229,000円)と合わせ、海外からの引き合いは厳しい。

 

■鉄鉱石スポット価格(118日)=中国の鉄鉱石62%スポット価格は117日は72.47㌦。1672.31㌦。12月平均は67.58㌦。▽18年の月間高値は1074.24㌦。安値は764.07㌦。最高値は22676.14㌦。最安値は4962.08㌦。17年・年間平均は70.06㌦。1657.35㌦。17年最高値は22192.42㌦。最安値は61354.26㌦。直近最安値は151239.77㌦。

 

■LME鉄スクラップ先物相場(118日) ▽117日・先物1ヶ月=285.0㌦(前日285.5㌦)。2ヶ月=289.0㌦(283.0㌦)。3ヶ月=292.0㌦(288.0㌦)。6ヶ月=297.0㌦(292.0㌦)。12ヶ月=287.5㌦(285.0㌦)。

 

****

 

■鉄源協会調べ・H2相場は続落(1月第2週)=関東29,167円(先週29,500円、前年同週34,500円)。▽関西28,375円(先週29,500円、前年同週35,000円)。

 

■異形棒鋼価格(同・1月第1週)=東京74,000円(前週74,000円)。▽大阪68,000円(前週68,000円)