スチールストーリージャパンホットニュース

 

   
hotnews

2019-03-19
19年3月19日情報 NEW
2018-05-21
特集1 中国の鉄鋼過剰生産と鉄スクラップ需給(18年5月)  
2018-05-21
特集2 改正廃棄物処理法と届出除外対象について(18年5月)  
2018-05-21
特集3 中国の輸入廃品検査と新基準及び現代製鉄の検収強化(18年5月)  
2018-05-21
特集4 改正バーゼル法と雑品ヤード規制、日本鉱業協会の動き(18年5月)  
2017-06-21
雑品ヤード規制(バーゼル条約)と廃棄物処理法改正について  
2017-05-28
雑品を「有害使用済機器」とし廃棄物処理法で規制-その解説(1)  
2017-05-28
雑品を「有害使用済機器」とし廃棄物処理法で規制-その解説(2)  

社史作成

英文翻訳

鉄スクラップ総事典

鉄スクラップ史集成

スクラップ業者現代史

スクラップ業者列伝

 

19年3月19日情報

■市况概説=海外相場は底入れ気配。東鉄は3月13日から九州と宇都宮を除いて500円値上げ。日本玉は国際相場に比べ「割高」気配も。 

米国、トルコ向け貿易相場は20㌦下落後、約半値戻しで横ばい。(318日)=米国のトルコ向け指標価格(HMS1&2・8020CFR315日付けは323.80㌦。3月初めの20㌦下落後、ここ3週間で11㌦上げ戻した。欧州のトルコ向け指標価格は同318.37㌦で、いずれも3週前の約半値戻し。▼北半球は冬期に入れば厳冬期の集荷減が需給を引き締めるが、逆に3月以降、雪解けになれば冬期の滞貨玉が一気に増加する節目を迎える。模様ながめながら、まずは買いが動き出した。

 

■直近ベトナム向け日本玉、H2商談は338㌦CFR(318日)=扱い業者筋によれば先週、H2338㌦CFR、円建て換算33,500円FOBで成約した。足元の日本玉相場はH233,50034,000円FOB弱とされる。

 

■ディープ・シー・カーゴ(外洋船・バルク玉)情報318日)=東国製鋼は3月第1週にNO1HMS338CFR32,000㌧成約した。4月末~5月初の入着と伝えられる。NO1HMS338CFRは(日本・韓国間のフレート、NO1HMSとH2の検収格差など40㌦。1111円)H2・FOB換算33,000円相当となる。新規成約情報は聞かれないが、その後のオッファー価格は、先の成約以後は10㌦ほどの上昇が伝えられる。

 

■関東湾岸相場、横ばい推移(318日)=関係者によれば、関東湾岸相場は12日の関東鉄源輸出入札の急反発や東鉄の値上げなどから強いが、国際相場に比べ独歩高となっていることから上値が重い。また13日以降、東鉄に新たな動きもないことから横ばい気配だ。主要埠頭の足元相場は、H232,50033,500円(先週比500円高)、HS35,50036,500円(横ばい)、新断バラ36,50037,500円(横ばい)どころ。

 

■関東鉄源、輸出・入札H2・FAS34,100円で成約、前月比2,155円高(313日)=関東鉄源協組は312日共同輸出入札を行いH2・FAS平均34,100円で2件12,200㌧成約した。前回比2,155円高、3番札は33,720円。応札は19件、応札平均価格は32,975円であった。http://www.kantotetsugen.com/index.html

 

■東京製鉄、313日から九州と宇都宮を除き一律500円値上げ(312日)=東京製鉄は313日から九州と宇都宮を除く3拠点で500円値上げした。214日以降、10回目の値上げ。313日以降の特級価格は、宇都宮35,000円(据置き)、田原35,000円(500円上げ)、岡山33,000円(同)、九州35,000円(据置き)、高松31,000円(500円上げ)である。http://www.tokyosteel.co.jp/kb/

 

■鉄鉱石スポット価格再び85㌦台へ(318日)=中国の鉄鉱石62%スポット価格(粉鉱、Fe62%、CFR315日は85.31㌦。1484.64㌦。1383.48㌦。旧正月明けの21190.52㌦へ急反発したあと80㌦前半に後退した。▼ブラジル・ヴァーレの鉱山貯滓ダム決壊事故で鉱石出荷の大幅減(直近情報で年間7,000万㌧)情報で乱高下した。なお2月平均は85.23㌦で17386.40㌦以来の80㌦台。1月平均73.52㌦。1812月平均67.58㌦。▽18年の月間高値は1074.24㌦。安値は764.07㌦。17年最高値は22192.42㌦。最安値は61354.26㌦。直近最安値は151239.77㌦。年間平均は1770.06㌦。1657.35㌦。

 

■LME鉄スクラップ先物相場(3月18日) ▽315日・先物1ヶ月=326.5㌦(前日327.0㌦)。2ヶ月=327.0㌦(327.0㌦)。3ヶ月=328.0㌦(326.0㌦)。6ヶ月=324.0㌦(323.0㌦)。12ヶ月=315.0㌦(315.0㌦)。

 

■米国・コンポジット価格は318.33㌦で前週比20.00㌦高(312日)=311日付け東部3都市・コンポジット価格(HMS1)は318.33㌦。昨年11月以来4ヶ月ぶりに上昇した。各地区価格は、ピッツバーグ330.00㌦(前週比20.00㌦高)、シカゴ315.00㌦(前週比20.00㌦高)、東部の港湾都市フィラデルフィア310.00㌦(前週比20.00㌦高)。

 

■鉄源協会調べ・H2相場(3月第2週)=関東31,167円(先週30,833円、前年同週35,833円)。▽関西32,000円(先週31,625円、前年同週34,875円)。

 

■異形棒鋼価格(同・3月第1週)=東京74,000円(前週74,000円)。▽大阪68,000円(前週68,000円)