スチールストーリージャパンホットニュース

 

   
hotnews

2018-02-16
18年2 月19日情報 NEW
2017-11-07
鉄スクラップ輸出入  
2017-06-21
雑品ヤード規制(バーゼル条約)と廃棄物処理法改正について  
2017-06-10
改めて中国の「地条鋼」と鉄スクラップ輸出を考える(17年6月)  
2017-05-28
雑品を「有害使用済機器」とし廃棄物処理法で規制-その解説(1)  
2017-05-28
雑品を「有害使用済機器」とし廃棄物処理法で規制-その解説(2)  
2017-05-28
雑品を「有害使用済機器」とし廃棄物処理法で規制-その解説(3)  
2017-04-20
粗鋼生産、鉄鉱石統計  
2017-03-02
米国の出口戦略とトランポノミクス  
2017-01-17
金利・デフォルト・地政学的リスク  
2017-01-16
石油・エネルギー価格・地球温暖化  
2017-01-16
国内:商社・ヤード業者の「選択と集中」  
2017-01-16
世界の鉄鋼事情(過剰生産と対策)  
2017-01-16
中国(政治・経済・鉄スクラップ)  
2016-02-22
日本の鉄鋼(高炉・電炉の集約)  
2016-02-22
リーマンショックと米国危機と出口戦略  

社史作成

英文翻訳

鉄スクラップ総事典

鉄スクラップ史集成

スクラップ史集成

 

粗鋼生産、鉄鉱石統計

16年度粗鋼生産は1516万㌧、前年度比0.9%増(鉄鋼連盟)16年度銑鉄生産は7,982.9万㌧で前年度(8,053.5万㌧)比70.5万㌧、0.9%減で2年連続の前年度割れ。粗鋼生産は1516.3万㌧と同(1億422.9万㌧)比93.4万㌧、0.9%増で3年振りの前年度比増加。炉別では転炉鋼8,129.4万㌧(前年度比0.8%増)、電炉鋼2,386.9万㌧(1.2%増)、電炉鋼比率は22.7%と前年度から0.1ポイント上昇。鋼種別では普通鋼8,080.4万㌧(前年度比0.1%減)、特殊鋼2,435.8万㌧(4.2%増)。▽熱間圧延鋼材(普通鋼、特殊鋼の合計)生産は9,304.0万㌧で前年度比1.0%増。普通鋼7,337.9万㌧(前年度比0.2%増)、特殊鋼1,966.1万㌧(4.4%増)。品種別は、広幅帯鋼が前年度比0.6%増の4,409.8万㌧、厚板は同1.2%減の992.3万㌧、小形棒鋼は同0.9%減の843.1万㌧、H形鋼は同2.9%減の379.6万㌧。

 

1713月概況=銑鉄生産・13月累計は1,970.8万㌧(前年同期比1.8%減)。粗鋼生産・13月累計は2,622.8万㌧(前年同期比1.5%増)。熱間圧延鋼材(普通鋼、特殊鋼の合計)生産・13月累計は2,330.0万㌧(前年同期比1.7%増)。普通鋼熱間圧延鋼材・13月累計は1,832.5万㌧(前年同期比1.0%増)。

 

▼主要品種の3月生産内訳=広幅帯鋼380.3万㌧(前月比6.5%増、前年同月比0.3%増)、厚板72.3万㌧(1.6%減、同15.5%減)。条鋼類は小形棒鋼71.1万㌧(4.0%増、同3.7%増)と、前年同月比で4カ月連続の増加。H形鋼32.5万㌧(1.0%減、同1.5%減)、大形形鋼7.9万㌧(8.0%増、同5.5%増)、中小形形鋼9.3万㌧(8.9%増、同3.9%増)

 

2016年粗鋼生産は1477万㌧=16年銑鉄生産は8,018.6万㌧(前年比82.5万㌧、1.0%減)、粗鋼生産は1億477.2万㌧(前年比36.3万㌧、0.3%減)と2年連続の減少。1億500万㌧を割り込んだのは09年以来。転炉鋼は増加したが電炉鋼が3%強減少し、全体ではマイナスにとどまった。転炉鋼8,151.3万㌧(前年比0.5%増)、電炉鋼2,325.9万㌧(3.3%減)。電炉鋼シェアは前年比0.7ポイント減の22.2%。普通鋼8,073.9万㌧(前年比1.2%減)、特殊鋼2,403.2万㌧(2.5%増)。▽熱間圧延鋼材(普通鋼、特殊鋼合計)生産は9,261.9万㌧(前年比40.1万㌧、0.4%減)で2年連続の減少。****

 

■鉄鉱石17年4~6月価格、36%アップの77.5鉄鉱石4~6月価格は77.5㌦(鉄分62%粉鉱、FOB)2年ぶりに70㌦台に乗った。1~3月期に比べ約36%の上昇で70㌦超は15年1~3月期以来の高値。スポット価格は87㌦程度で年初水準比20%強高い。

 

▼鉄鉱石・時系列推移=121012117㌦。▽13年:13103㌦。▽4~6月137㌦。▽7~9月126.2㌦。▽1012118㌦。▽14年:1~3月122㌦。▽4~6月118㌦。▽7~9月価格99.0㌦、▽101285㌦。▽15年:1~3月70㌦。▽4662㌦。▽7~9月約62㌦。▽101251㌦。16年1~347㌦。▽4639.0㌦。▽7~952.9㌦。▽101252.9㌦。▽17年:1~356.8㌦。▼鉄鉱石の過去最高値は1146月、7~9月期の約170

 

■原料炭4~6月価格交渉は、持ち越す(43日・鉄鋼新聞)=原料炭の4~6月積み価格交渉は、3月31日までに決着しなかった。1~3月積み価格は285㌦。4~6月積み価格は、中国向けスポット価格の下落を反映し、大幅値下げとなることが固まっている。原料炭スポット価格は現在150㌦台で推移。ただ豪州の原料炭輸出拠点、クイーンズランド州では先週、大型のサイクロンが上陸。同州の原料炭積み出し港が最長で4日間操業できなくなる影響が出た。スポット価格がどう反応するかも注目されそうだ。▽4月以降の船積み分は当面、仮価格(1~3月価格)での扱いとなる。各社は1~3月契約分の積み残しが一定程度あるとみられ、原料炭調達には影響しない見通しだ。

 

原料炭価格・時系列推移=121012170㌦。▽13年:1~3月165㌦。▽4~6月172㌦。▽7~9月145㌦。▽1012152㌦。▽14年:13143 ㌦。▽4~6月120㌦。▽7~9月120 ㌦。▽1012119㌦。▽15年:1~3月117 ㌦。▽46109.50㌦。▽7~993㌦。▽1012109.50㌦。▽16年1~381㌦。▽4684㌦。▽7~992.50㌦。▽1012200㌦。▽17年:1~3285㌦。