スチールストーリージャパンホットニュース

 

   
hotnews

2018-02-16
改正バーゼル法検討会が18年1月9日「とりまとめ」を報告した NEW
2018-01-04
2018年 鉄スクラップマーケット概観  
2017-09-27
廃棄物処理法改正による雑品スクラップ対策について  
2017-02-03
岐阜県の「使用済金属類営業条例」を考える  
2016-12-26
2017年・鉄スクラップマーケット展望(冨高試論)  
2017-01-13
鉄スクラップ業と「社会的信認」を考える  
2016-12-27
鉄屑カルテルから鉄鋼公開販売まで(1)  
2016-12-27
鉄屑カルテルから鉄鋼公開販売まで(2)  
2016-12-27
復活する金属屑営業条例(1)  
2016-12-27
復活する金属屑営業条例(2)  
2017-02-06
復活する金属屑営業条例(3)  
2016-11-28
一言コメント アーカイブ  
2016-07-22
鉄スクラップビジネスの経営戦略(提携・買収が進む。16年7月)  
2016-05-30
なぜ相場が安いのか(16年5月 講演会より)  
2015-12-26
2016年鉄鋼・鉄スクラップマーケットをどう見るか  
2016-02-10
鳥取県「使用済物品放置防止条例」案を可決・成立(追加)  
2015-11-03
企業経営、組合活動はどうあるべきか  
2015-10-22
「鋼材デフレ」と「鉄鋼集約効果」、「業者の合従連衡」を考える  
2015-10-14
直近マーケットを考えるー再び忍び寄る危機  
2015-07-06
「高炉・鉄スクラップ使用の歴史的推移と今後」私論(15年7月)  
2015-07-21
「無料回収」と「無許可」営業問題を考える(7月追加・改訂)  
2015-07-21
15年:鉄スクラップ相場の枠組みと「試算式」(6月22日改訂)  
2015-06-22
経産省「金属素材競争力強化プラン」(2015年6月19日)  
2015-06-23
放射能検査と鉄スクラップ輸出(増補・改訂。最新版6月22日改訂)  
2015-04-17
電力料金値上げと電炉再編を考える(4月15日増補)  
2015-03-24
世界の鉄スクラップ相場も「新常態」へ  
2015-12-05
千葉県、「特定自動車部品ヤード保管条例」を15年4月施行  
2016-11-03
金属類営業条例とは何か  
2015-08-20
リサイクル関連・各種法制  
2014-09-10
自動車リサイクル、国及び自治体の規制  
2014-08-03
自動車解体・部品ビジネスのいま  
2014-09-10
日本の鉄スクラップ輸出環境を考える  
2015-08-20
家電、小型家電リサイクルと廃棄物  
2014-07-03
いわゆる「市中品薄」を考える  
2014-08-22
再生資源業界・最近小史(明治~現在)   
2014-10-15
放射能汚染と検知器導入を考える  
2014-07-04
計量単位・C&F、FOB、FAS関係式  
2014-07-03
鉄スクラップ、レアメタル商品特性  
2016-07-29
基本データ(数量、組織、情報入手)  

社史作成

英文翻訳

鉄スクラップ総事典

鉄スクラップ史集成

鉄スクラップ史集成

 

廃棄物処理法改正による雑品スクラップ対策について

17年8月3日:中央環境審議会循環型社会部会・特定有害廃棄物等の輸出入等の規制の在り方に関する専門委員会・産業構造審議会産業技術環境分科会「廃棄物・リサイクル小委員会有害廃棄物等越境移動ワーキンググループ」第5回合同会議 

http://www.env.go.jp/council/03recycle/y0311-05b/ref05.pdf

 

廃棄物処理法改正による雑品スクラップ対策について

■国内における雑品スクラップの保管等に関する課題への対応

 

1.課題=○雑品スクラップの保管又は処分が、環境保全措置が十分に講じられないまま行われることにより、火災の発生を含め、生活環境上の支障が発生。○有価な資源として取引される場合が多いため、廃棄物としての規制を及ぼすことが困難な事例がある。

 

2.法改正事項=<規制の内容> (廃棄物処理法第17条の2

①「有害使用済機器※」の保管又は処分を業として行おうとする者に都道府県知事への届出を義務付け。※使用が終了し、収集された電気電子機器(廃棄物を除く)を想定。

②政令で定める保管・処分に関する基準の遵守を義務付け。

③都道府県による報告徴収及び立入検査、改善命令及び措置命令の対象に追加(これらの違反があったときは罰則の対象)。

※輸出は、バーゼル法の見直しにおいて輸出承認対象にし、総合的な対策を講じる。

 

■雑品スクラップの不適正輸出に関する課題への対応

 

【現状・課題】

雑品スクラップについて、バーゼル法の手続を経ずに不適正に輸出されているとの指摘がある。バーゼル法の具体的な規制対象範囲については告示で定めているが、法的位置付けがあいまいで、取締りの実効性が低いとの指摘がある。

 

【法改正事項】

具体的な特定有害廃棄物等の範囲(規制対象物)を法的に明確化。(バーゼル法第2条第1項第1号イ)*今回の範囲の見直しに併せて、条約以外の協定等に基づく規制対象も明確化。

 

有害使用済機器に係る政省令の検討事項及びスケジュール

【検討事項】

「有害使用済機器」として定義する具体的な品目

適正に有害使用済機器を保管できる者(規制対象から除かれる者)

有害使用済機器の処理基準・・・等

 

スケジュール

 

廃棄物処理法

バーゼル法

17616

改正法公布

改正法公布 

8月

政省令事項について検討

バーゼル法合同会議(第5回)

9~12

検討会立ち上げ・議論(複数回)

18年6月16日まで

改正廃棄物処理法施行期限

 

1216日まで

 

改正バーゼル法施行期限