スチールストーリージャパンホットニュース

 

   
hotnews

2018-02-16
改正バーゼル法検討会が18年1月9日「とりまとめ」を報告した NEW
2018-01-04
2018年 鉄スクラップマーケット概観  
2017-09-27
廃棄物処理法改正による雑品スクラップ対策について  
2017-02-03
岐阜県の「使用済金属類営業条例」を考える  
2016-12-26
2017年・鉄スクラップマーケット展望(冨高試論)  
2017-01-13
鉄スクラップ業と「社会的信認」を考える  
2016-12-27
鉄屑カルテルから鉄鋼公開販売まで(1)  
2016-12-27
鉄屑カルテルから鉄鋼公開販売まで(2)  
2016-12-27
復活する金属屑営業条例(1)  
2016-12-27
復活する金属屑営業条例(2)  
2017-02-06
復活する金属屑営業条例(3)  
2016-11-28
一言コメント アーカイブ  
2016-07-22
鉄スクラップビジネスの経営戦略(提携・買収が進む。16年7月)  
2016-05-30
なぜ相場が安いのか(16年5月 講演会より)  
2015-12-26
2016年鉄鋼・鉄スクラップマーケットをどう見るか  
2016-02-10
鳥取県「使用済物品放置防止条例」案を可決・成立(追加)  
2015-11-03
企業経営、組合活動はどうあるべきか  
2015-10-22
「鋼材デフレ」と「鉄鋼集約効果」、「業者の合従連衡」を考える  
2015-10-14
直近マーケットを考えるー再び忍び寄る危機  
2015-07-06
「高炉・鉄スクラップ使用の歴史的推移と今後」私論(15年7月)  
2015-07-21
「無料回収」と「無許可」営業問題を考える(7月追加・改訂)  
2015-07-21
15年:鉄スクラップ相場の枠組みと「試算式」(6月22日改訂)  
2015-06-22
経産省「金属素材競争力強化プラン」(2015年6月19日)  
2015-06-23
放射能検査と鉄スクラップ輸出(増補・改訂。最新版6月22日改訂)  
2015-04-17
電力料金値上げと電炉再編を考える(4月15日増補)  
2015-03-24
世界の鉄スクラップ相場も「新常態」へ  
2015-12-05
千葉県、「特定自動車部品ヤード保管条例」を15年4月施行  
2016-11-03
金属類営業条例とは何か  
2015-08-20
リサイクル関連・各種法制  
2014-09-10
自動車リサイクル、国及び自治体の規制  
2014-08-03
自動車解体・部品ビジネスのいま  
2014-09-10
日本の鉄スクラップ輸出環境を考える  
2015-08-20
家電、小型家電リサイクルと廃棄物  
2014-07-03
いわゆる「市中品薄」を考える  
2014-08-22
再生資源業界・最近小史(明治~現在)   
2014-10-15
放射能汚染と検知器導入を考える  
2014-07-04
計量単位・C&F、FOB、FAS関係式  
2014-07-03
鉄スクラップ、レアメタル商品特性  
2016-07-29
基本データ(数量、組織、情報入手)  

社史作成

英文翻訳

鉄スクラップ総事典

鉄スクラップ史集成

鉄スクラップ史集成

 

鉄スクラップビジネスの経営戦略(提携・買収が進む。16年7月)

 16

 

共栄、産廃処理の誠美社工業を買収7月共栄(本社=神戸市)は721日、産業廃棄物処理の誠美社工業(本社=愛知県瀬戸市)の全株式を取得しグループ会社化した。後継者難のため銀行経由でM&Aの打診があった。誠美の売上高は約14億円(15年7月期)、従業員は約100人。建設関連の廃材処理が中心で、大手ゼネコンの指定業者。約50台の運搬車を保有。処理工場は本社・暁工場および品野工場。敷地面積は、約2.6万㎡、約8,300㎡、両工場に選別施設のほか、木くず・がれき・廃プラスチックの破砕機が各1基、廃プラ圧縮機も備える。暁工場は屋内で産業廃棄物を選別・処理する環境配慮型の工場。共栄は産廃処理事業の拡充で総合リサイクル企業化を加速する。

 

マキウラ鋼業、玉岡マテから事業譲受(16年7)=マキウラ鋼業(姫路市)は、鉄・非鉄スクラップ加工販売の玉岡マテリアルから71日付で事業譲渡契約を締結。玉岡マテの全従業員と本社工場・鳥取支店、設備一式を引き受け、玉岡は清算する。http://makiura-steelwork.com/topics-160701.html

 

15

■高炉系大手3業者が業務提携(156月)=扶和メタル、共栄、シマブンコーポレーションの3社は6月29日、鉄スクラップ事業で業務提携契約を締結したと発表した。3社実績(1412月期)の鉄スクラップ扱い量は年間約400万㌧、売上高は約1600億円。保有拠点は全国37カ所(うち船積み港22)。輸送費などコスト削減を図る。当初は各社ヤードの有効活用から開始し順次、加工設備、共同購買などに提携を発展させる方針。http://www.shimabun.co.jp/info/20150701info.pdf

 

■スズトクHDなど7社包括的業務提携(1412月、153月、6月)=スズトクHDは1412月にエンビプロHDと包括業務提携契約を締結した。その後、153月新たに(株)イボキン、(株)やまたけ、(株)中特HD及び(株)マテックの4社が加わり、さらに6月には青南商事を含めた7社間での包括業務提携に拡大している。▼提携の目的=アジアを中心に海外事業を促進し、日本を代表する「資源リサイクルメジャー」を目指す。http://www.suzutoku.co.jp/ho/news/news_20150611.pdf

 

新英金属、韓国内に2拠点(153月)=新英金属(本社・愛知県安城市)は、韓国に現地法人Shin-ei Korea(SK)を設立。韓国・金海市内にヤードを構え15年3月末、稼働を開始した。1110月設立のShinei Metal Korea(SMK)に次ぐ2拠点目。2年以内に韓国両社合わせて月1万㌧扱いを目指す。先発のSMKとの2拠点体制で、原料輸送の効率化および顧客サービスを向上させ、同国における取扱量アップを狙う。http://www.shineikinzoku.co.jp/

 

共栄、大分県の溝江商店を買収(152月)=共栄は、大分県の溝江商店(宇佐市)の全株式を22日付で取得し、グループ会社化。同日付で共栄の麻生元道・加古川工場長代理が溝江商店の新社長に、溝江善文前社長は顧問に就任。溝江商店の雇用は継続し、従来の営業体制を維持する。http://www.kyoyei.com/top.html

14

 

スズトクホールディングス(HD)とエンビプロHDが包括業務提携(1412月)=スズトクHDとエンビプロHD141212日、包括業務提携を締結したと発表した。両社役員による会議を定期的に開催し、営業企画、共同仕入れ・共同販売、総務、人事などを協力・推進し、国内市場における組織作りや海外市場でライバル大規模事業者との競争に伍するグローバル展開を目指す。また両社は、理念及び方向を同じくする同業者等の参加を積極的に受け入れる方針とした。http://www.suzutoku.co.jp/ho/news/news_20141212.pdf

 

スズトクHDとタイ・日高HDが、タイで新会社設立(147月)=スズトクHDと戦前からタイでリサイクル事業を営む日髙HD(本社=バンコク、日髙泰雄社長)は、タイ国内で合弁会社を設立する。101日に操業開始予定。ASEAN(東南アジア諸国連合)地域で新たな事業展開を目指す。

http://www.hidakayookoo.co.th/jp/index.php

http://www.suzutoku.co.jp/ho/news/news_20140731.pdf

 

巖本金属、BRUE PROJECT(12年~)=成熟した日本では右肩上がりの成長は望めない。新たな戦略が必要となる。巖本金属は自社の「総てのハード(設備・工場)とソフト(販売情報)を提供し、その活用、拡大」をベースとする同業他社とのネットワーク事業に乗り出した(BRUE PROJECT)。処分業の許可を持つ黒田商会、エコニスを買収(143月)し、隣接業種である廃棄物処理分野にも翼を広げた。http://www.iwamotokinzoku.co.jp/

 

13

 

扶和メタル、米国に3拠点確保(137月)=関西と関東にヤードを展開し07年には米国に関係会社を設立してコンテナ輸出ビジネスの先鞭をつけた扶和メタル(大阪)の現地子会社(フワメタルUSA)が13年7月、ロサンゼルス支店を開設。NY(東海岸)、ロサンゼルス(西海岸)、テキサス(中南部、9月)の3拠点からコンテナ世界出荷を目指した。 http://fuwa.co.jp/

 

エンビプロHD、株式上場(139月) =エコネコルを中軸に北海道や山梨などで鉄スクラップ、家電・自動車、 貿易会社などを傘下に持つ㈱エンビプロHDが「金属スクラップ業及び廃棄物の資源リサイクル事業」者として13年9月東証・第二部に上場した。 http://www.envipro.jp/

 

11

 

ヤマダ電機が、登場(1111月)=東京、埼玉、群馬で4工場を展開する東金属が1111月、 東京地裁に民事再生法を申請、保全命令を受けた。同社は同日、家電量販大手のヤマダ電機とスポンサー契約を締結し、ヤマダ電機が鉄スクラップ事業を継承した。 http://www.azumametal.com/

 

****

解説:鉄スクラップビジネスの成熟と新たな経営戦略

鉄スクラップビジネスは産業活動の事後回収・処理に係わり、現代産業の要である鉄鋼原料として生産活動の始発に係わるから、産業構造の変化を最も敏感に受ける。その鉄スクラップビジネスが資源面からは「都市鉱山」、環境面からは「温暖化防止の切り札」として、21世紀の戦略産業となった。

そのなかで経営、マネージメントへの飛躍(エンビプロHDの株式上場)、グローバル拠点の確保(扶和メタルの米国3拠点と多国間貿易、スズトクHDとタイ・日高HD、新英金属の韓国進出)、戦略提携(スズトクHDとエンビプロHDなど6社提携)、業者・業種超越(高炉系大手3社の業務提携、共栄の産廃業者買収)などが見えてきた。

それは従来、エリア・ローカルの枠内に留まっていた鉄スクラップ企業が、業種・エリア・国境の垣根を超え、業の未来と可能性に向け、一団となって挑戦していく姿である。そう理解すれば、さらなる企業提携が続いてもおかしくない。新たな経営戦略が求められる時代が到来した。