スチールストーリージャパンホットニュース

 

   
hotnews

社史作成のご紹介
社史作成のご提案
社史作成手順と費用見積り

パンフレット作成のご提案
パンフレット作成手順と費用見積り


社史作成

英文翻訳

鉄スクラップ総事典

鉄スクラップ史集成

鉄スクラップ業者現代史

近現代日本の鉄スクラップ業者列伝

社史作成のご紹介

弊社が手掛けた出版本のご紹介をいたします。

 
line
 

 「ニッチな専門商社」ナベショーの百年を発刊いたしました

渡邊泰博からの発刊に当たり ご挨拶

 私は社員にも、またコラムや談話でも「ヒトと同じ方向に走ってはならない」、「自前で考え、自前で生きる」「まず前提を疑う」「講演会は点検作業」などと繰り返し言ってきた。 
 なぜなら、ビジネスは自己責任。ことに弊社のような、いつ消えてもおかしくない小会社にとって、目の前の一つひとつが前例のない挑戦の連続だったからだ。
 弊社は、世のコンサルタントが手本とするような大会社でも、通り一遍の組織でもない。すべてが手作り試行錯誤の産物だった。その時、私を支えたのが、ある本での一節だった。
 多数意見とは、同じ意見のかたまり。見方を換えれば、ただ一つの意見に過ぎない。同じ意見が多数を占めれば、現状を変える必要など感じないから、そこから変化は生まれない。
 現状を変える未来は、少数意見から生まれる。それが歴史の教えであり、異見、異端、仮説が未来を作る。少数意見、仮説能力こそが、未来を開く。多数意見、世の常識・・・それらは、いわば時間と共に移ろう今を映した鏡像。恐れることはない・・・との一文だった。
 新しい未来、ビジネスを作る挑戦。それこそが、わたしのビジネス手法だと、確信した。
 だから、その時以来、前例に関する私の用例は「前例が無ければ、先例を作る」である。
 その40数年の試行錯誤の歩みと思考実験のあれこれを、今回、上下巻にまとめた。

冨高■ 「ニッチな専門商社」ナベショーの百年(上)(下)

発行:2016年9月22日 初版 第1刷発行
著者:渡邊泰博
発行者:冨高幸雄
発行所:株式会社ナベショー
販売価格:上下各巻・本体2,000円+消費税 送料込み

■上 巻■
目次
はじめに(型破りな自己紹介に換えて) 
第一部 弱者の戦略潰れない会社を目指して 
      戦術その一 理念七カ条を制定する(一九九四年)
      戦術その二 リスクが取れる会社を目指した
      戦術その三 人と人のつながりこそビジネスと見た
      戦術その四 「ついで」と「見えない化」、「出合い」こそ商売
      戦術その五 鉄スクラップビジネス本、資料、歴史本を刊行した
      戦術その六 社員教育に徹しー社員教育本を逐次刊行した
      戦術その七 「考え方」と「理念継承」にこだわった
      戦術その八 ディベート(異論提起)を仕掛けた
第二部 「余命三年の会社」を継いで                    
      第一章 戦いの日々のなか
      第二章 自らの弱みを極める
      第三章 生き続けるために(コインの裏を返す)
      第四章 創業百年を迎えた 
第三部 「理念七カ条制定」から二十数年の歩み
第四部  備忘録
後記

■下 巻■
はじめに
目次
トップとして言い続けてきたこと 一九八〇年〜二〇一六年の発言記録集      
第二章 講演、コラムから
      流通科学大学での特別講演 「ビジネスとは何か」(二〇〇九年)
      「ヒトと同じ方向に走ってはいけない」産業新聞〇九年コラム
      「アナタならどうする」産業新聞一〇年コラム
第三章 社員教育本及び業界紙発言集・社員教育本
      1 セールス・マニュアル bP(二〇〇一年刊行)
      2 セールス・マニュアル bQ(二〇一〇年刊行)
業界紙発言(日刊市况通信社版)
      1 「THE NS(NABESHO)ニュース」(総目次)
      2 「伝言板」(二八〇字・デイリー版)(総目次)
後記

 

社史作成のご提案

  鉄スクラップ業界に精通したスチールストーリージャパンだからこそできる「社史製作」のご提案があります。
 御社の歴史を綴るお手伝いをお任せください。

 

 1. なぜ社史が必要なのか(過去と現在と未来をつなぐ・企業進化のために)

 あらゆる国家や成熟した業界は、独自の歴史(記録)書を求めます。
 なぜなら記憶は個々の人間の閉ざされた文化であり、記録としての歴史(社史)は、現在の構成員だけでなく将来の後継者に、そのDNA(存続情報)を伝承させる最も確かな手段だからです。

 2. なぜ今、社史なのか?

 鉄スクラップ業の特徴は、50年はおろか、70年、80年、100年を超す会社が珍しくないことです。しかも個人創業と会社設立の時間的開き比較的大きいため、過去の社歴確認が困難なため、社史作成を諦めている事例も少なくないようです。 しかし「過去を失うものは未来をも失う」と聞きます。社歴確認が困難であっても、業界全体の流れとその大きな背景を描くことで、社歴の補充・補填はできます。であれば「諦めるのではなく、できることから、やる」。
  ですから今、未来のビジネスパートナーに伝える社史作成をお薦めする次第です。

 3. 業界の全体を知る冨高幸雄が責任を持って執筆します

 鉄スクラップ専門紙・日刊市况通信社、編集長として43年間の経験を持ち、鉄スクラップ業界必携の総合的歴史書である「日本鉄スクラップ史集成」を刊行した冨高幸雄が、責任を持って社史作成のお手伝いを致します。

 4. 専門編集者のご紹介

■冨高幸雄プロフィール(写真)

冨高1946年4月兵庫県に生れ、69年3月関西大学法学部卒業。70年(株)日刊市况通信社入社。98年同社取締役・編集長。13年12月末退社。14年1月から(有)スチール・ストーリーJAPAN取締役。主な編・著作として自動車リサイクル法・ビジネス解説(1〜9弾)、鉄スクラップ関連資料集(03〜12年)、鉄スクラップ全史とビジネス(05年)、日本「市中鉄源」70年編年史(09年)、メタル元素・メーカー・リサイクル事典(11年)、日本鉄スクラップ史集成−古代から現代までの金属リサイクル総覧(13年)など。

 
line
 
社史作成手順と費用見積り


1.手順
■弊社作成の場合
 御社からの提供資料を基に、弊社が関係者を取材し作成します。
 関連年表や関係企業・社会資料などは弊社が提供いたしますが、御社独自の年表や資料(沿革・写真、関係者覚書き)などのご提示、ご協力をお願いします。

■社史編纂協力の場合
 御社が独自に社史編纂室などを立ち上げ、その文章校正や内容整理、監修などに弊社が協力する場合です。
 全体仕上がりは弊社が責任をもって遂行します。

2.制作・編纂費用
■社史(弊社)作成=A5版サイズ(148×210mm)から。
 制作費用は1p当り(注1)2万円。
 つまり100pの社史なら制作費は200万円(注2)です。
■社史編纂協力費用=サイズにかかわらず1p当り(注1)5千円です。
 (注1)本文ページは序文、目次、本文、資料、後記などを含みます。
 (注2)ただし取材実費(交通費等)、印刷、製本費用など諸掛かりは別途請求といたします(これら諸掛かりは予めご相談いたします)。

3.支払い方法
 契約完了後、見積もりページ相当金額の半額を着手金として受領し、完成納本と引替えに実際ページ相当金額(着手金は控除)及び諸掛かり費合算を受領いたします。


★詳しいお問い合せや、お見積り依頼などはコチラから → お問い合せページ

 

ストーリー(物語)性のある文書及びパンフレット作成のご提案

ストーリー(物語)性のある文書及びパンフレット作成のご提案
日常の挨拶文や業務上の案内(パンフレット)文書の作成は、ある意味、煩わしく、また手間とエネルギー負担が大きいものです。そこで弊社がその作成代行を行います。

 @ 日常や公の会議等の挨拶文
 A 会社案内等のパンフレット
 B 談話、インタビューなどの原稿、原案作成
 C 自伝、体験談などストーリー性のある原稿作成をお手伝いします。

 
line
 
ストーリー性文書及びパンフレット作成手順と費用見積り
 


1.手順
社史作成の手順と同様です。

2.制作・編纂費用
@ 日常や公の会議等の挨拶文の費用は、1案件2万円。
A 会社案内等のパンフレット、B 談話、インタビューなどの原稿、原案作成。C 自伝、体験談などストリー性のある原稿作成の費用は、400字詰め原稿用紙5枚あたり1万円(注)でお願いします。
(注)電話・メール等で取材の場合以外は取材・交通実費を別途請求いたします

 

3.支払い方法
納品後にご請求いたします。


★詳しいお問い合せや、お見積り依頼などはコチラから → お問い合せページ