「評伝 稲山嘉寛と伊藤信司たち」執筆のお知らせ

 

私は先(42日)に「評伝 伊藤信司と稲山嘉寛たち――日本の鉄鋼業を支えた鉄屑業者百年の群像」の発刊のご案内をいたしました。その発刊を前に改めて内容を精査したところ、タイトル並びにその後の全体的な変化展望に不備があると考えるに至りました。

 

新たなタイトルは、鉄屑カルテルの歴史的整理として「評伝 稲山嘉寛と伊藤信司たち」。

また、鉄屑カルテル終了(74年10月)後の、その後の50年の整理として「付説―日本鉄リサイクル工業会と平成の渡来系業者の現在」といたしました。

 

現在のところ、今夏以降の完了、発刊を目指しております。