特集3 中国の輸入廃品検査と新基準及び現代製鉄の検収強化(18年5月)

特集3 中国の輸入廃品検査と新基準及び韓国・現代製鉄の検収強化(18年5月)

■中国の動き従来まで=配電盤、モーターなど鉄製容器収納の非鉄類(いわゆる雑品)の解体は、人件費の高い日本ではコストが嵩むため処理困難物とされた。90年代後半から人件費の安い中国向け輸出が増加し、00年代後半から現地に合弁、もしくは直接工場を開設する動きが拡大した。

▽雑品の輸出量は日中両国の通関統計(鉄スクラップ・銅スクラップ)差から推計でき、04年は中国向け鉄スクラップ輸出全体の40%超に達した(06年1月17日、日刊市况通信)。

▽このため中国国家質検総局(AQISQ)は05年1月、輸入企業を許可企業だけに限定した。鉛や有害金属を含む「雑品」貿易は、有害廃棄物の国境を越える移動」を規制するバーゼル条約(92年発効)でも問題とされた。

▼このため今回、中国環境保護総局と質量監督検験検疫総局は18年3月「廃棄物原料環境保護基準」(新版)を施行した。▽さらに中国生態環境部は18年4月、輸入廃棄物の管理品目について18年末で雑品をはじめ、雑線・廃モーターといった銅、アルミスクラップなど16品目の輸入禁止を公告した(18年4月23日、産業新聞)。

■中国の新規制*18年3月廃棄物原料環境保護基準」

(新版)―CCIC・JAPANのHP資料  

中国国家環境保護総局と国家質量監督検験検疫総局が17年12月29日に公布し、18年3月1日に施行した「廃棄物原料環境保護基準」(新版)の日本語訳は以下のとおり。

▼輸入廃棄物原料環境保護規制基準 http://www.ccicjapan.com/?page_id=40

製錬くず 木・木製品くず 古紙または板紙

鉄鋼屑 非鉄金属 廃モーター 廃電線ケーブル

廃五金電器 解体用船舶及びその他浮き構造物

廃プラスチック 自動車プレス部品 

◆CCIC・JAPANとは=中国検験認証集団有限公司(China Certification & Inspection(Group)は、1980年に中国で輸出入貨物の検査を行う検験検疫局(CIQ)の一部署としてスタートし92年以降CCICグループとなった。海外子会社の中で日本にあるのがCCIC・JAPAN。

http://www.ccicjapan.com/

■現代製鉄の動き:日本産鉄スクラップの検収を厳格化(日刊市况通信・火曜解説)

以下は日刊市况通信の4月17日火曜解説記事に掲載されたペナルティ概略である。

*現代製鉄は、日本と中国の「雑品スクラップ」規制が強化されたことから、日本産スクラップの品質管理のため、このほど検収基準を以下のとおり強化し、日本側に通知した。

①オーバーサイズ混入=1200円/㌧。

②ダスト等の不純物混入(基準)

・H1/ H2、 H2、HS / H2、H2 / H3、H3=0.50%以上。

・H1、HS / H1=0.25%以上。・新断バラ、HS=0.00%以上。

③オフグレード(H2検収落ち1.00%以上の場合)=契約価格から1,000円差し引く。④プレス品混入=1万円/㌧。⑥Cプレス混入=1万2千円/㌧⑦密閉物混入=10万円/個。・密閉物内のダスト除去費用=3千円/Kg(2回目は契約解除)。⑤ダスト除去費用=3千円/㌧。⑧14日超の配船遅れ=請求額の1%減額(*その他個別のオプション契約による)。