社史制作・刊行物紹介

社史作成のご紹介

弊社が手掛けた出版本のご紹介をいたします。


「ニッチな専門商社」ナベショーの百年を発刊いたしました

渡邊泰博からの発刊に当たり ご挨拶

 私は社員にも、またコラムや談話でも「ヒトと同じ方向に走ってはならない」、「自前で考え、自前で生きる」「まず前提を疑う」「講演会は点検作業」などと繰り返し言ってきた。
 なぜなら、ビジネスは自己責任。ことに弊社のような、いつ消えてもおかしくない小会社にとって、目の前の一つひとつが前例のない挑戦の連続だったからだ。
 弊社は、世のコンサルタントが手本とするような大会社でも、通り一遍の組織でもない。すべてが手作り試行錯誤の産物だった。その時、私を支えたのが、ある本での一節だった。
 多数意見とは、同じ意見のかたまり。見方を換えれば、ただ一つの意見に過ぎない。同じ意見が多数を占めれば、現状を変える必要など感じないから、そこから変化は生まれない。
 現状を変える未来は、少数意見から生まれる。それが歴史の教えであり、異見、異端、仮説が未来を作る。少数意見、仮説能力こそが、未来を開く。多数意見、世の常識・・・それらは、いわば時間と共に移ろう今を映した鏡像。恐れることはない・・・との一文だった。
 新しい未来、ビジネスを作る挑戦。それこそが、わたしのビジネス手法だと、確信した。
 だから、その時以来、前例に関する私の用例は「前例が無ければ、先例を作る」である。
 その40数年の試行錯誤の歩みと思考実験のあれこれを、今回、上下巻にまとめた。

「ニッチな専門商社」ナベショーの百年(上)(下) 社史制作
「ニッチな専門商社」ナベショーの百年(上)(下)
  • 発行:2016年9月22日 初版 第1刷発行
  • 著者:渡邊泰博
  • 発行者:冨高幸雄
  • 発行所:株式会社ナベショー
  • 販売価格:上下各巻・本体2,000円+消費税 送料込み

社史作成のご提案

 鉄スクラップ業界に精通したスチールストーリージャパンだからこそできる「社史製作」のご提案があります。
 御社の歴史を綴るお手伝いをお任せください。

  • 1.なぜ社史が必要なのか(過去と現在と未来をつなぐ・企業進化のために)
     あらゆる国家や成熟した業界は、独自の歴史(記録)書を求めます。
     なぜなら記憶は個々の人間の閉ざされた文化であり、記録としての歴史(社史)は、現在の構成員だけでなく将来の後継者に、そのDNA(存続情報)を伝承させる最も確かな手段だからです。

  • 2.なぜ今、社史なのか?
     鉄スクラップ業の特徴は、50年はおろか、70年、80年、100年を超す会社が珍しくないことです。しかも個人創業と会社設立の時間的開き比較的大きいため、過去の社歴確認が困難なため、社史作成を諦めている事例も少なくないようです。しかし「過去を失うものは未来をも失う」と聞きます。社歴確認が困難であっても、業界全体の流れとその大きな背景を描くことで、社歴の補充・補填はできます。であれば「諦めるのではなく、できることから、やる」。
     ですから今、未来のビジネスパートナーに伝える社史作成をお薦めする次第です。

  • 3.業界の全体を知る冨高幸雄が責任を持って執筆します
     鉄スクラップ専門紙・日刊市况通信社、編集長として43年間の経験を持ち、鉄スクラップ業界必携の総合的歴史書である「日本鉄スクラップ史集成」を刊行した冨高幸雄が、責任を持って社史作成のお手伝いを致します。

  • 4.専門編集者のご紹介

    冨高幸雄

    冨高幸雄プロフィール(写真)

    1946年4月兵庫県に生れ、69年3月関西大学法学部卒業。70年(株)日刊市况通信社入社。98年同社取締役・編集長。13年12月末退社。14年1月から(有)スチール・ストーリーJAPAN取締役。主な編・著作として自動車リサイクル法・ビジネス解説(1~9弾)、鉄スクラップ関連資料集(03~12年)、鉄スクラップ全史とビジネス(05年)、日本「市中鉄源」70年編年史(09年)、メタル元素・メーカー・リサイクル事典(11年)、日本鉄スクラップ史集成-古代から現代までの金属リサイクル総覧(13年)、鉄スクラップ総事典(15年)、日本鉄スクラップ業者現代史(17年)、近現代日本の鉄スクラップ業者列伝(18年)など。

社史作成手順と費用見積り

  • 1.手順

    • ・弊社作成の場合
       御社からの提供資料を基に、弊社が関係者を取材し作成します。
       関連年表や関係企業・社会資料などは弊社が提供いたしますが、御社独自の年表や資料(沿革・写真、関係者覚書き)などのご提示、ご協力をお願いします。
    • ・社史編纂協力の場合
       御社が独自に社史編纂室などを立ち上げ、その文章校正や内容整理、監修などに弊社が協力する場合です。
       全体仕上がりは弊社が責任をもって遂行します。
  • 2.制作・編纂費用

    • ・社史(弊社)作成=A5版サイズ(148×210mm)から。
       制作費用は1p当り(注1)2万円。
       つまり100pの社史なら制作費は200万円(注2)です。
    • ・社史編纂協力費用=サイズにかかわらず1p当り(注1)5千円です。
       (注1)本文ページは序文、目次、本文、資料、後記などを含みます。
       (注2)ただし取材実費(交通費等)、印刷、製本費用など諸掛かりは別途請求といたします(これら諸掛かりは予めご相談いたします)。
  • 3.支払い方法

    •  契約完了後、見積もりページ相当金額の半額を着手金として受領し、完成納本と引替えに実際ページ相当金額(着手金は控除)及び諸掛かり費合算を受領いたします。
  • ★詳しいお問い合せや、お見積り依頼などはコチラ

ストーリー(物語)性のある文書及びパンフレット作成のご提案

日常の挨拶文や業務上の案内(パンフレット)文書の作成は、ある意味、煩わしく、また手間とエネルギー負担が大きいものです。そこで弊社がその作成代行を行います。

  • 日常や公の会議等の挨拶文
  • 会社案内等のパンフレット
  • 談話、インタビューなどの原稿、原案作成
  • 自伝、体験談などストーリー性のある原稿作成をお手伝いします。

ストーリー性のある文書及びパンフレット作成手順と費用見積もり

  • 1.手順
    社史作成の手順と同様です。

  • 2.制作・編纂費用

    • 日常や公の会議等の挨拶文の費用は、1案件2万円。
    • 会社案内等のパンフレット
    • 談話、インタビューなどの原稿、原案作成。
    • 自伝、体験談などストリー性のある原稿作成の費用は、400字詰め原稿用紙5枚あたり1万円(注)でお願いします。
      (注)電話・メール等で取材の場合以外は取材・交通実費を別途請求いたします。
  • 3.支払い方法

    • 納品後にご請求いたします。
  • ★詳しいお問い合せや、お見積り依頼などはコチラ

冨高幸雄の刊行物案内

「日本鉄スクラップ史集成」

日本鉄スクラップ史集成

 なお、弊社は「日本鉄スクラップ史集成」も販売しております。

 「日本鉄スクラップ史集成」のご注文は、ご購入社名、所在地、電話・FAX番号、購入部数を記載のうえ、FAXもしくはお問い合せフォームより、お申し込みください。

FAXでお申し込みの場合は下記のボタンよりお申し込み用紙をプリントアウトしてご利用ください。

お申し込み用紙はこちら

申し込みFAX送り先:083-920-4195

お問い合せフォーム:こちらからお問い合わせください

鉄スクラップ総事典 (A5サイズ 950頁)
発行:2013年11月初版  著者:冨高幸雄
価格=消費税込み16,200円(本体価格15,000円)+送料600円

日本鉄スクラップ史集成・もくじ
  • 第1部 日本鉄スクラップ通史
  • 序章 (全体の内容要約のために)
    ※この項目は閲覧できます。
  • 第1章 すべては「古がね」から始まった
  • 第2章 鉄はどのように作られてきたのか
  • 第3章 大正~昭和13年鉄屑統制会社設立まで
  • 第4章 国家総動員令から終戦まで
  • 第5章 45~55年 終戦、GHQ支配、カルテル前夜
  • 第6章 55~74年 鉄屑カルテルとLD転炉導入の時代
  • 第7章 75~89年 日本経済躍進のなかで
  • 第8章 90年~00年 「失われた10年」のなかで
  • 第9章 01年~10年 資源バブルと世界恐慌
  • 第10章 11年東日本大震災のあとで
  • 第11章 世界の主要鉄鋼国の歴史と現状
  • 捕 章 鉄スクラップの商品特性
  • 第2部 列伝・文学
  • 1 鉄鋼・鉄スクラップ列伝~時代を画した男たち
  • 2 詩歌・小説に見る鉄スクラップ
  • 第3部 個別史
  • 1 文書・御触書集成に見る古金
  • 2 戦時鉄屑統制史
  • 3 鉄屑カルテル及び業者対応史
  • 4 鉄スクラップ、資源回収、自動車解体 ― 組織史
  • 5 在日コリアン鉄スクラップ業史
    ※この項目は閲覧できます。
  • 6 沖縄鉄スクラップ史
  • 7 鉄スクラップと商社活動
    ※この項目は閲覧できます。
  • 8 製鉄・製鋼概史
  • 9 鉄スクラップ加工処理機械・設備史
  • 第4部 会社沿革・資料
  • 日本の主要鉄鋼会社
  • 各種資料
  • 第5部 業者現況報告

「近現代日本鉄スクラップ業者列伝」

近現代日本鉄スクラップ業者列伝

*A5判 ソフトカバー・395ページ。

*店頭=定価3,000円+現行税・240円=総計3,240円
*送付=定価3,000円+現行税・240円+送料400円=総計3,600円

*「近現代日本鉄スクラップ業者列伝」のご注文は、ご購入社名、所在地、電話・FAX番号、購入部数を記載のうえ、FAXもしくはお問い合せフォームより、お申し込みください。

FAXでお申し込みの場合は下記のボタンよりお申し込み用紙をプリントアウトしてご利用ください。

お申し込み用紙はこちら

申し込みFAX送り先:083-920-4195

お問い合せフォーム:こちらからお問い合わせください

近現代日本鉄スクラップ業者列伝・もくじ
  • はじめに
  • 第一部 鉄スクラップ業者史概観(列伝通史) 11p
  • 第二部 鉄スクラップ業者列伝
  • 1 業界の地平を切り開いた 岡田菊治郎と池谷一族  104p
  • 2 鉄屑統制とカルテルに対峙した 伊藤信司とその一族  129p
  • 3 戦前・戦後を率いた業界のリーダー 德島佐太郎と小澤肇  201p
  • 4 鉄屑業の中軸百年の系譜 鈴木徳五郎、成島英美、鈴木孝雄  237p
  • 5 平和相互銀行を作った異端児 小宮山英蔵とその一族  268p
  • 6 在日コリアンの知られざる肖像 梁福周と姜福心夫婦  279p
  • 7 沖縄の鉄と自立を支えた 古波津清昇  299p
  • 8 大阪から関東へ、世界へ乗り出した 黒川友二  323p
  • 9 商権に抗しニッチな専門商社を育てた 渡邊泰博「近現代日本鉄スクラップ業者列伝」  354p
  • 引用・参考資料  385p

「日本鉄スクラップ業者現代史」

日本鉄スクラップ業者現代史

*A5判 ソフトカバー・400ページ。

*店頭=定価5,000円+現行税・400円=総計5,400円
*送付=定価5,000円+現行税・400円+送料400円=総計5,800円

*「日本鉄スクラップ業者現代史」のご注文は、ご購入社名、所在地、電話・FAX番号、購入部数を記載のうえ、FAXもしくはお問い合せフォームより、お申し込みください。

FAXでお申し込みの場合は下記のボタンよりお申し込み用紙をプリントアウトしてご利用ください。

お申し込み用紙はこちら

申し込みFAX送り先:083-920-4195

お問い合せフォーム:こちらからお問い合わせください

日本鉄スクラップ業者現代史・もくじ
  • はじめに――遺物どころか現代史として
  • 第一部 古かね、鉄屑、鉄スクラップ歴史素描
  • 「たたら」製鉄、鍛冶から近代へ
  • 1945年以降 戦後・鉄鋼、鉄屑カルテル時代
  • 1992年以降 リサイクル・貿易新時代
  • 21世紀の課題を生きる
  • 第二部 復活する金属屑営業条例
  • 序章  金属屑業条例―第一波から第四波まで
  • 第一章 四百年の歴史的な流れのなかで
  • 第二章 1950年12月 佐世保市が最初だった
  • 第三章 1951年 山口が県レベルでは最初
  • 第四章 第二波の衝撃―鉄屑カルテル崩壊の危機と共に 1956年から一挙に全国拡大
  • 第五章 大阪府、金属屑条例制定-反対運動の中で
  • 第六章 条例制定回避 東京都・京都府など
  • 第七章 第三波 条例廃止、環境新法が相次ぐ
  • 第八章 第四波 条例復活・新規制も登場
  • 第九章 六十年間のまとめ
  • 第十章 29道府県金属屑条例・資料
  • 第三部 鉄屑カルテルから鉄鋼公開販売まで
  • 第一章 カルテル前夜の鉄鋼・鉄屑業界(53年)
  • 第二章 カルテル申請・鉄屑連盟・需給研究会(54年)
  • 第三章 カルテル取下げ・再申請までの9ヶ月
  • 第四章 初期カルテル 鉄鋼は破綻、業者内紛(55年)
  • 第五章 再建カルテル 輸入屑とアウト対策(56年)
  • 第六章 鉄屑業者の合同問題10ヶ月(56年)
  • 第七章 カルテル体制整備と業者対策(56年)
  • 第八章 輸入屑長期契約と体制固め(56~57年)
  • 第九章 独禁法適用除外法案と行政指導
  • 第十章 業者組織と鉄鋼公販体制(57~69年)
  • 第十一章 新日鉄誕生とカルテル終焉と(70~74年)
  • 第三部のまとめ
  • 第四部 不確かな未来を生きるために
  • 第一章 資源・リサイクル品としての立ち位置
  • 第二章 歴史的組み分けと産業分類上の立ち位置
  • 第三章 リサイクル・ビジネスとしての立ち位置
  • 第四章 リサイクル・ビジネスとしての「社会的信認」
  • 後記及び資料・索引

「鉄スクラップ総事典」

鉄スクラップ総事典

 「鉄スクラップ総事典」のご注文は、ご購入社名、所在地、電話・FAX番号、購入部数を記載のうえ、FAXもしくはお問い合せフォームより、お申し込みください。

FAXでお申し込みの場合は下記のボタンよりお申し込み用紙をプリントアウトしてご利用ください。

お申し込み用紙はこちら

申し込みFAX送り先:083-920-4195

お問い合せフォーム:こちらからお問い合わせください

鉄スクラップ総事典 (A5サイズ 950頁)
発行:2015年1月初版  著者:冨高幸雄
価格=消費税込み5,400円(本体価格5,000円)+送料400円

鉄スクラップ総事典(内容案内)
1 一般用語・用例事典 ※この項目は全文閲覧できます。
  • 一般用語
  • 鉄(銑鉄 Iron・鉄鋼 steel)
  • 鉄(鉄鋼)の生産工程
  • 鉄鋼蓄積量
  • 見掛け(鉄鋼)消費
  • 原料炭
  • 銑鉄(pig iron)
  • 餅鉄(もちてつ)
  • 錬鉄(れんてつ)
  • レアメタル(rare metals)
  • レアアース(rare earth elements=REE)
  • 粗鋼(crude steel)
  • 還元鉄(DRI・海綿鉄)
  • HBI(ホット ブリケット アイアン)
  • 普通鋼
  • 特殊鋼
  • ステンレス鋼(stainless steel)
  • 耐熱鋼 SUH(Steel Use Heat Resisting)
  • 超硬合金
  • スラブ、ブルーム、ビレット(鋼片)
  • 棒鋼(小棒、異形棒鋼)
  • 形鋼
  • H形鋼
  • 鋼矢板(シートパイル)
  • RC造(鉄筋)
  • S造(鉄骨)
  • SRC造(鉄骨・鉄筋)
  • 計量単位
  • 原単位
  • 鉄スクラップ関連用語
  • 鉄スクラップ(鉄屑・ふるがね)
  • 鉄スクラップ流通
  • 都市鉱山(工場鉱山)
  • 市中鉄スクラップ 
  • 鉄スクラップの一般特性
  • 鉄スクラップの商品特性
  • 鉄スクラップの価格特性
  • ステンレス・スクラップ
  • ミル(mill)
  • ヤ-ド業者(ヤード・ディーラー)
  • ヨセ屋(junk)
  • バタ屋
  • 建(立)場(たてば)
  • 炉前価格
  • 加工・処理機
  • シャーリング(SHEARING・剪断機)
  • ギロチン(処理機械)
  • プレス(処理機械)
  • シュレッダー(shredder・処理機械)
  • 故銑割り機
  • 自動車解体機
  • ナゲット(剥線機)
  • スクラップ品種
  • 新断
  • ポンチ、メカス
  • ヘビー・スクラップ
  • H2スクラップ(旧特級)
  • シュレッダー・スクラップ
  • プレス材、ギロチン材(投入材料)
  • ダライ粉
  • すそ物(千地・せんじ)
  • ガラ
  • 伸鉄材(材料)
  • 可鍛コロ(配合甲山)
  • 故銑(ずく・鋳物スクラップ)
  • モーターブロック(モーブロ)
  • カーベキュー(マップス・プラント)
  • 色物
  • 雑品(鉄付き非鉄スクラップ)
  • 冷材
  • 流れ(スカール)
  • スラグ(鉱滓・slag)
  • 荷受け・荷捌き用語
  • あんこ(化粧材、ブレンド材)
  • 検収
  • スケ-ル
  • ダスト引き
  • トン積み
  • B勘(びーかん)
  • 判取帳
  • ピット
  • リフマグ(リフティング・マグネット)
  • 天井(走行)クレーン
  • トラックスケール(台貫)
  • 重機
  • ニブラー
  • 傭車(用車)
  • ユニック車
  • 放射能検知機(器)
  • 坪(つぼ)上げ
  • バッカン(抜缶)
  • 貿易・船荷用語
  • HMS
  • ブッセリング
  • バンドル
  • P&S
  • ターニング
  • デープ・シー・カーゴ(バルク)
  • コンテナ・カーゴ
  • コンポジション
  • コンポジット価格
  • テンダー
  • フレート
  • L/C(エルシー)
  • B/L(船荷証券)
  • FAS、浜値(ファス)
  • FOB(エフ・オー・ビー)
  • C&F(シーアンドエフ、CFR)
  • CIF(シフ)
  • CIF、C&F及びFOB、FASの関係式
  • オファー(offer)、ビッド(bid)
  • ステベ
  • デス・デマ
  • ドラフト
  • 長期契約NO.8888
  • DDC(Destination Delivery Charge)
  • DDP(Delivered Duty Paid)
  • DDU(Delivered Duty Unpaid)
  • バルチック海運指数
  • 西送り(船荷)
  • 五金(中国)
  • 日中商品検査(JCIC)
  • E-waste(イーウエスト)
  • リサイクル・自動車解体用語
  • 3R(リデュース・リユース・リサイクル)
  • 拡大生産者責任(EPR)
  • 環境配慮型設計(DFE)
  • 管理型処分
  • 逆有償
  • 豊島(てしま)事件
  • 阻害元素(トランプエレメント)
  • 循環濃縮問題
  • マニフェスト・システム
  • アフターマーケット
  • ポンコツ(ポンコツ屋)
  • モギトリ(モギトリ屋)
  • 自動車リユース部品、リビルト部品
  • ASR(自動車シュレッダーダスト)
  • RDF、RPF
  • ELV(使用済み自動車)
  • EV(電気自動車)
  • コンバージョンEV(改造電気自動車)
  • ハーネス
  • 三元触媒
2 江戸~戦前用語・用例事典 ※この項目は総事典に掲載しております。
  • 江戸時代
  • 御触書(おふれがき)
  • 八品(はっしな)商売人
  • 連座制
  • 町役人
  • ふるかね・ふるがね(古金、古鉄)
  • ふるかね(古鉄)組合・御触書
  • ふるかねや(屋)
  • ふるかね買い(江戸)
  • 古金売買所
  • 鉄銭・鋳銭
  • 鉄座
  • 紙くず買い
  • 御膳籠(ごぜんかご)
  • 立場(たてば)
  • とっかえべぇ
  • お歯黒
  • 南蛮鉄
  • 鉄山必要記事(鉄山秘書)
  • 鉄熕全書(てっこうぜんしょ)
  • 洋式高炉と釜石
  • 明治・大正時代
  • 和鉄(わてつ)
  • 洋鉄(輸入鉄)
  • 言海(国語辞典)と鉄
  • 明治の製鉄業
  • 第一次世界大戦と鉄鋼業
  • 戦後恐慌と鉄鋼業
  • 関東大震災と鉄鋼業
  • 銑鉄奨励金と鉄鋼業
  • インド銑と鉄鋼業
  • 金解禁(29年)と世界恐慌と鉄鋼業
  • 日本製鉄誕生(34年・民間製鉄業救済)
  • 鉄屑(屑鉄)製鋼法と米国輸入屑
  • 鉄鋼自給体制の確立(36~41年)
  • 戦時鉄屑統制時代
  • 企画院と金属回収、廃品回収懇話会
  • 鉄屑統制
  • 鉄屑配給統制協議会
  • 輸入屑鉄共同購買会と六洋会
  • 日本鉄屑統制株式会社(38年10月)
  • 鉄鋼統制会
  • ABCD包囲網(41年)
  • 金属回収統制株式会社
  • 国民更正金庫
  • 産業設備営団
  • 特別回収(41年11月~43年)
  • 非常回収(43年8月~45年8月)
  • 指定商
  • 工作隊・回収隊
3 戦後~現代用語・用例事典 ※この項目は総事典に掲載しております。
  • 戦後~現代用語
  • 財閥解体指令と鉄鋼会社
  • 物価統制令(戦後統制)と鉄くず
  • 戦時賠償問題(45~46年)
  • 石炭と鉄鋼の集中的傾斜生産
  • 鉄鋼補給金制度
  • 47年7月体系と鉄鋼業救済
  • 過度経済力集中排除法(集排法)
  • 戦時賠償は全面破棄(47~49年)
  • 鉄屑資源調査
  • 古物営業法と鉄くず
  • 東南アジア鉄屑調査と輸入屑
  • AA屑
  • ドッジ・ラインと鉄鋼業廃止論
  • 朝鮮戦争と鉄鋼、鉄屑価格
  • 日本製鉄解体(1950年)
  • 川崎製鉄の高炉進出(ペンペン草論争)
  • 関西平炉3社と高炉
  • 高熱超重筋労働(鉄鋼業)
  • 金属類営業条例
  • 鉄屑カルテルと鉄屑業者(55年4月)
  • スエズ動乱(56年)
  • 鉄鋼需給安定法案(56年~57年3月)
  • 鉄屑使節団の派遣(57年2月・訪米)
  • 180万トンの輸入米屑と国際信義(57年)
  • 180万トンの輸入米屑と日本鉄屑連盟(57年7月~8月)
  • 180万トンの輸入米屑の衝撃
  • 大阪砲兵工廠跡地とアパッチ騒動(58年10月)
  • LD転炉導入と新高炉体制
  • 関西平炉、構内高炉建設
  • 尼崎製鉄と神鋼の高炉参入
  • 小倉製鋼と住金の高炉参入
  • 大阪製鋼と高石義男
  • 日新製鋼と高炉とその後
  • 鉄鋼合理化計画
  • LD転炉と第三次鉄鋼合理化
  • 平炉生産の衰退
  • 商社の時代
  • 鉄屑(輸入)専用船
  • 商社ヤードとシュレッダー機
  • 改正刑法案に資源業者らが総決起(65年3月)
  • 65年不況(鉄鋼乱世)
  • 住金事件―日向、稲山、永野の思惑
  • 鉄鋼大合同構想(66年8月)
  • 大谷重工破綻(68年)
  • 新日本製鐵誕生(70年3月)
  • 「鉄鋼公開販売制」の運用停止と新日鉄の誕生
  • ニクソン・ショック(71年8月)
  • 列島改造論と土地投機と鉄屑暴騰(72年)
  • 粗鋼生産77年度1億5千万トン予測
  • 米国、鉄屑輸出規制(73年7月~74年末)
  • 秩序ある輸入屑買い付け(73年9月)
  • 石油危機・第1次(73年10月)
  • 安宅ショック(75年12月)
  • 安宅ショック・その後
  • 特定不況産業安定臨時措置法(特安法・78年)
  • 船舶解撤事業促進協会(78年12月)
  • 石油危機・第2次(79年1月)
  • 東鉄・鉄スクラップ旋風(79年11月)
  • H形戦争・第1次(82年8月)
  • 特定産業構造改善措置法(産構法・83年6月)
  • H形戦争・第2次(84年5月)
  • プラザ合意(85年9月)と鉄屑
  • バブル経済(86年11月~91年2月)
  • バブル経済・崩壊
  • 平成不況(91年5月~02年1月 失われた10年)
  • 平成不況とは何か
  • 日産・ゴーンショック(2000年)
  • JFEが登場、鉄鋼は2大グループへ
  • 鉄鋼の選択と集中(1993~2002年)
  • 鉄スクラップ先物取引(05年~09年)
  • 京都議定書と鉄スクラップ
  • アルセロール・ミタル社(06年)が登場
  • 日本高炉の対ミタル対策
  • 年耐震偽装事件と改正建築基準法
  • 資源バブルとBRICs
  • サブプライムローン問題(07年8月)と資源バブル(07年~08年7月)
  • リーマン・ショック(08年9月)
  • ソブリンリスクと世界経済(10~13年)
  • 東日本大震災と放射能汚染と鉄スクラップ(11年3月)
  • 失われた20年(1992~2012年)
  • ジャスミン革命と「イスラム国」(11年~19年)
  • 新日鉄と住金が合併、鉄鋼再編も加速(12年)
  • 鉄鋼2系統体制と業者(「合従連衡」「異業種提携」)
  • 金属類営業条例の復活(13年)
  • アベノミクスと黒田ショック(13年)
  • ゼロ金利政策と出口戦略(14年)
  • 中国の生産過剰と貿易摩擦問題(16~18年)
  • 英国のEU離脱と難民問題(16年)
  • 「雑品」もしくは有害使用済機器と国際規制(18年)
  • トランプ大統領と世界経済(17~20年)
  • パンデミックと世界経済(20年~)
  • 逆オイルショックと世界経済(20年)
4 製鉄・製鋼事典 ※この項目は総事典に掲載しております。
  • 製鉄・製鋼用語
  • 高炉(blast furnace)
  • 高炉の歴史
  • パドル製鋼法(人力製鋼法)
  • 反射炉
  • 木炭高炉(日本)
  • 出銑比
  • 混銑率(pig ratio)
  • 冷鉄源溶解法
  • ITmk3(アイテイ・マークスリー)
  • 水素還元製鉄
  • 平炉(Open Hearth furnace=OH)
  • 平炉法の歴史
  • 転炉(Converter、basic oxygen furnace)
  • 転炉(LD転炉:LD-converter)の歴史
  • LD転炉の導入(日本)
  • LD転炉の特徴・構造
  • 電炉(electric furnace)
  • 電炉の歴史
  • 電炉会社のルーツ
  • 電炉の特徴・構造(アーク炉他)
  • 電炉・直流炉(DC炉)
  • 電炉・炉底出鋼方式(偏芯炉底出鋼・EBT)
  • 電炉・ツインシェル炉(1電源2炉)
  • たたら製鉄
  • たたらの特徴・構造
  • 鉧(けら)押し法と銑(ずく)押し法
  • 玉鋼(たまはがね)
  • たたら師(鉄師)
  • 鋳物(鋳鉄・鋳鋼、cast metal)
  • 鋳物の歴史
  • 可鍛鋳鉄(malleable cast iron)の歴史
  • ダクタイル鋳鉄(球状黒鉛鋳鉄)
  • ミーハナイト・メタル
  • 鋳物製造(キューポラとこしき)
  • 鋳物原料
  • 伸鉄業(再生鉄・製造)
  • 伸鉄業の歴史
  • 船舶解撤
  • 鉄屑(輸入)専用船
5 リサイクル関連法制事典 ※この項目は総事典に掲載しております。
  • リサイクル関連用語
  • 御触書(享保8年・1723年)
  • 御触書(寛政3年・1791年、寛政の改革)
  • 古着、古金類商売結社規則
  • 古物商取締條例1884年(明治16)
  • 古物商取締法96年(明治28)
  • 鉄屑配給統制規則(38年11月)
  • 金属類回収令・第一次(41年9月)
  • 企業許可令
  • 企業整備令
  • 改正金属類回収令
  • 対日賠償規定
  • 過度経済力集中排除法(集排法)
  • 物価統制令(戦後統制)
  • 古物営業法(49年5月、金属屑は適用外)
  • 金属類営業条例(51~58年)
  • 独占禁止法
  • 鉄鋼需給安定法案(56年~57年3月)
  • 行政指導(鉄鋼公開販売制度)
  • 特定不況産業安定臨時措置法(特安法・78年)
  • 特定産業構造改善措置法(産構法・83年6月)
  • 産業活力再生法(99年10月)
  • 廃棄物・リサイクル諸法
  • 循環経済法
  • 廃棄物処理法
  • 改正廃棄物処理法(17条の2「有害使用済機器」)
  • 資源有効利用促進法
  • 容器包装リサイクル法
  • 家電リサイクル法
  • 小型家電リサイクル法
  • 建設リサイクル法
  • 自動車リサイクル法入
  • バーゼル法(条約)
  • SOLAS条約
  • シップリサイクル条約
  • 鉄鋼合理化計画
  • 製造物責任法(PL法)
  • 土壌汚染対策法
6 鉄屑カルテル・業者対応事典 ※この項目は総事典に掲載しております。
  • 鉄屑カルテル・業者対応用語
  • カルテル
  • 鉄屑カルテル・鉄屑需給委員会(概説)
  • 鉄屑カルテル申請
  • 日本鉄屑連盟と鉄屑需給研究会
  • 日本鉄屑連盟と東京都資源回収事業協同組合(東資協)
  • 日本鉄屑連盟の意見参酌条項
  • 第1回カルテルは空中分解
  • 第2回(再建)カルテル
  • 輸入屑カルテル
  • 鉄屑連盟の主導権争い
  • 第3回カルテル
  • 「暫定運用」―鉄鋼と業者暗闘の2か月
  • 第4回カルテル
  • 「鉄屑連盟の意見参酌」条項を削る
  • A、B、C3カルテルを結成する
  • 鉄屑全国組織は分裂―鉄屑連盟と巴会・八日会
  • 180万㌧の輸入米屑と日本鉄屑連盟
  • 第5回カルテル
  • 180万㌧の輸入米屑とカルテル協定価格
  • 「下限価格」と「天井価格」の混迷
  • 第6回カルテル
  • 日本鉄屑問屋協会を設立
  • 日本鉄屑協議会も誕生
  • 日本鉄屑連盟は活動停止状態へ
  • 外口銭制度とカルテル
  • 第7回カルテル
  • 第8回カルテル
  • 輸入屑カルテル・61年崩壊
  • 第9回カルテル
  • 第10回カルテル
  • カルテル運営強化を業者要望
  • 鉄屑カルテル再編成案
  • 鉄屑需給連絡協議会、発足
  • 第11回カルテル
  • 資金援助と問協の「浮き上がり」
  • 第12回カルテル
  • 鉄屑需給連絡協議会を明文化
  • 平電炉普通鋼協議会
  • 鉄屑カルテル再編成案
  • 第13回カルテル
  • 日資連もカルテルで発言
  • 新日鉄体制と外口銭廃止
  • 第14回カルテル
  • 新日鉄体制と9カルテルに拡充
  • 鉄屑需給連絡協議会と問屋協会
  • 鉄屑価格安定対策専門委員会
  • 日本鉄屑協議会とニクソン・ショック
  • 第15回カルテル
  • 鉄屑価格・安定価格帯構想
  • 第16回カルテル申請
  • ポスト・カルテル対策
7 鉄スクラップ関連団体事典 ※この項目は総事典に掲載しております。
  • 鉄スクラップ関連団体
  • 古がね買組合(江戸)
  • 関東鉄屑懇話会
  • 関西鉄屑懇話会
  • 関東巴会、関西八日会
  • 日本鉄屑連盟
  • 鉄屑カルテル関連団体
  • カルテル・鉄屑需給委員会
  • 日本鉄屑問屋協会
  • 日本鉄屑協議会
  • 日本鉄屑加工処理工業協会
  • ポストカルテル組織
  • 日本スクラップ・リザーブセンター(SRC)
  • 日本鉄屑輸入組合
  • 日本鉄屑備蓄協会
  • 日本鉄屑工業会(現日本鉄リサイクル工業会)
  • 回収鉄源利用促進協会
  • 全国小形棒鋼工業組合
  • 日本鉄源協会
  • 資源業者関係
  • 東京都資源回収事業協同組合(東資協)
  • 日本再生資源組合連合会
  • 日本再生資源事業協同組合連合会
  • 鉄スクラップ輸出関連団体
  • 関東月曜会
  • 関東鉄源協議会
  • 関東鉄源協同組合
  • 関西鉄源協議会
  • 大阪府金属リサイクル工業協同組合
  • 使用済み自動車・部品回収関連団体
  • 八幡自動車処理事業協同組合
  • 日本ELVリサイクル機構
  • JAPRA(日本自動車リサイクル部品協議会)
  • その他の有力団体
  • 日本鉄鋼連盟
  • 日本鋳鍛鋼会
  • 普通鋼電炉工業会
  • 日本鋳造協会
  • 石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)
  • 日本貿易振興機構(JETRO ジェトロ)
  • スチール缶リサイクル協会
  • アルミ缶リサイクル協会
  • 自動車リサイクル促進センター
  • 自動車再資源化協力機構(自再協)
  • 家電製品協会(家電リサイクル対応組織)
  • 全国解体工事業団体連合会(全解工連)
  • 全国産業資源循環連合会
8 鉄スクラップ文学・文書事典 ※この項目は総事典に掲載しております。
  • 小説
  • 蟻の街の奇跡
  • ぽんこつ(小説)
  • キューポラのある街
  • 日本三文オペラ
  • 日本アパッチ族
  • 夜を賭けて
  • 華麗なる一族
  • ワイルド・スワン
  • 大地の子
  • ルポルタージュ
  • 死に絶えた風景
  • 鉄鋼王国の崩壊(新日鉄釜石)
  • 自動車解体共和国
  • 砂鉄のみち
  • 鉄屑ロマン
  • 自伝・鉄スクラップ業社史
  • くず鉄一代記
  • 次代に夢を
  • まがねふく吉備に生きて
  • 産業振興六十年社史
  • 和―草野100年の歩み
  • 業界関係文書
  • 日本鉄鋼原料史
  • 鉄スクラップ全史とビジネス
  • 日本「市中鉄源」現代70年編年史
  • 日本鉄スクラップ史集成
  • 鉄スクラップ総事典
  • 日本鉄スクラップ業者現代史
  • 近現代日本の鉄スクラップ業者列伝
9 主要鉄鋼国史事典 ※この項目は総事典に掲載しております。
  • 英国鉄鋼史
  • 米国鉄鋼史
  • EU鉄鋼史
  • 中国鉄鋼史
  • 韓国鉄鋼史
  • 台湾鉄鋼史
  • インド鉄鋼史
  • トルコ鉄鋼業
  • アセアン鉄鋼業
10 鉄鋼・鉄スクラップ人物事典 ※この項目は鉄鋼・鉄スクラップ企業・人物事典に掲載しております。
  • たたら
  • 下原重仲
  • 高炉
  • 大島高任
  • 田中長兵衛親子
  • 浅野総一郎
  • 白石元治郎
  • 今泉嘉一郎
  • 永野重雄
  • 稲山嘉寛
  • 西山弥太郎
  • 日向方齋
  • 今井敬
  • 田部三郎
  • 中山悦治
  • 海外
  • アンドルー・カーネギー
  • ラクシュミ・ミタル
  • 鋳物
  • 久保田権四郎
  • 栗本勇之助
  • 鮎川義介
  • 平電炉
  • 土橋長兵衛
  • 大谷米太郎竹次郎兄弟
  • 清岡栄之助
  • 池谷太郎正成親子
  • 高島浩一
  • 古波津清昇
  • 大山梅雄
  • 荻野一
補足 ※この項目は総事典に掲載しております。
  • ブリキ
  • トタン
  • 「ひも付き」取引(鋼材と鉄屑)
  • リサイクルポート
参考資料 ※この項目は総事典に掲載しております。
  • 参考資料
  • 後記
ページ
TOP